Enhesa Flashレポートは、法改正動向の一覧とEnhesaコンサルタントによるホットトピックに関する記事を配信する、無料の隔月オンライン情報誌です。

Enhesa Flashを参照することで、最新の法改正動向をすべて把握できているか確認することができます。 もっと見る

最新号

Issue 71 July 2013

latest Flash issue


EHS研修及びコミュニケーション

どのようにすれば、英語も通じない世界各国の社員・関係者に、環境に関する自社の目標や実績を効果的に伝えることができるでしょうか?

世界各地で事業を行う企業は、社内外のコミュニケーションについて、特有の課題を多く抱えています。 それぞれの国の文化や管理者・従業員の役割と責任に関する認識、そしてリスクや環境・安全性の優先順位に対する考え方の違いは、単なる言葉の壁を超えるものです。


研修プログラム

 ENHESAは、環境・衛生・安全 (EHS) 研修プログラムにより、お客様のEHS管理システムの効果を最大限に伸ばします。 また、企業及び施設の管理者向けに、有効な環境管理について、以下の講習を行っています。

  • ISO 14001やEU環境管理・環境監査制度 (EMAS) などの国際規格に準じた環境管理システムの設計と導入について。
  • 安全衛生管理システムの設計と導入について。
  • 国内・国際レベルのEHS法規及び業務実施プロセスに関する基本~上級コースセミナー。 ENHESAは、事業及び製品に影響を及ぼす法規制に関する特定の問題・関心・懸念、市場に重点を置いてカスタマイズしたセミナーも実施しています。
  • 国内・国際レベルのEHS法規制の将来的な動向について。
  • 産業活動及び産業プロセスに影響する現行の法規制要件について。
  • 製品開発及び全ライフサイクルでの環境管理に影響する政策、法規、市場の動向。

研修及びセミナーは、現地語と英語にて頻繁に実施されています。

社内外のコミュニケーション

企業の環境パフォーマンスに関する世論は、その企業の事業をも左右します。 地域住民及び公衆とのコミュニケーションは極めて重要ですが、それに使うツールも、的確にメッセージを伝えるものでなければなりません。 ENHESAでは、下記のサポートを行い、最も効果的なコミュニケーション経路と、社内外のコミュニケーションに必要なツールをお客様とともに決定します。

  • 企業の環境方針に関する声明を広報用に起草。
  • 国際EMS規格に沿って資料をまとめ、年次環境報告書を作成。
  • 事業活動に影響を及ぼす重要なEHS法規制・政策の動向に関する情報を、社内の全関係者が定期的に受け取れるよう、社内の情報管理・配信システムを設計・導入。

成果

当社のサポートにより、本国の企業管理者と現地施設スタッフとの間に生じがちな環境・衛生・安全 (EHS) 管理プログラム及びシステムに関するコミュニケーション ギャップを埋めることが可能になります。


Experience

 ENHESAのコンサルタントは、これまで様々な業種のお客様向けに、研修プログラム及びセミナーを数多く企画・実施してきました。

以下は、これまで実施された研修及びセミナーの一部です。

  • 社内監査チームが、コンプライアンス監査に備え、現地のEHS法規について学ぶための講習を実施。
  • 顧客の社内EHS管理会議において、EHSに関する法令全般及び業務実施プロセスのほか、特定の国における法規制の動向についてセミナーを実施。
  • 途上国及び過渡期の経済状況下で事業を行う企業の環境管理パフォーマンス改善を目的として、国連環境計画 (UNEP) 環境管理システムの研修用資料を開発。
  • ヨーロッパで事業を行う多国籍企業の環境目標達成状況を顧客及び一般に公開することを目的として、広報戦略を立案し、年次環境報告書、パンフレット原案を作成。
  • 原子力発電企業より依頼を受け、EMAS (環境管理・環境監査制度) 認定に向けた環境問題に関する同社の方針に関する声明を作成。
  • 社内の関係職員向けに報告書を電子配信及びウェブ配信する機能を含む、法規制追跡・報告システムを設計・導入。
  • EHSに関する社内の情報伝達・周知を強化するため、企業のEHSに関するページのデザイン及びイントラネット掲載をサポート。
  • 社内でのEHS啓発活動による適切な企業文化育成を支援するため、雇用者がEHSに関する企業方針及び業績についてどう感じるかを分析。