Languages

Contact an EHS Services expert

4 + 1 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.

規制ガイド

EHSマネジャー/ディレクターのための情報参照先

法規制ガイドは、EHSに関連する諸問題が当該の国または地域においてどのように規制されているのかについての情報を提供するカントリープロファイルです。テーマ項目別にわかりやすく概要を記述しています。 それには、国の当局、規制システム、規則、関連する主要要求項目の分析が含まれます。 規制ガイドは、特定の時点の特定の国・地域における有効な既存のEHS関連法についての参照ガイドを提供します。

Enhesaの法規制ガイドは、当該国においてEHSおよび製品がどのように規制されているのか把握したいと考えるEHSマネジャーならびにディレクターにとって、最良の入門用参照ガイドです。

読みやすい説明語調で記述されており、また、Enhesaの項目を探しやすいテーマ毎に分類した体系で構成されていますので、法規制ガイドは200以上の国・地域の規制当局、法規制システム、法令および関連するビジネスインパクトについて概要を提供します。

規制ガイドには国または地域の分析が含まれます。

  • 当局
  • 規制システム
  • 法令
  • 関連する主要要求項目

企業のの特定の活動・事業・製品に対応したものにすることができます。

法規制ガイド: 含まれる内容(例)

  • 04水管理
  • 0402廃水放出
  • 040206雨水

連邦

ほとんどの雨水放出は汚染源とみなされ、NPDESの許可を受けている必要があります。 多くの場合、雨水放出は、個々の許可ではなく、放出者の種類に適用される一般許可の対象となる可能性があります。 雨水放出を制御する主な方法は、最善管理実務(BMP)を用いることです。

EPAが公表するNPDESの雨水許可規制は、全国的に以下の種類の雨水放出を対象としています。

  • 国勢調査局が定める「都市地域」に置かれた地方自治体独立雨水渠システム(MS4s)の運営者。

  • MS4または直接米国の領海に放出する11の記載区分のいずれかにある産業施設。 施設は、その工業用の原料および活動が雨水に暴露されておらず、従って雨水許可カバレージを取得する必要がない場合、「無暴露」の条件を証明することができます。 影響を受ける産業区分は以下のとおりです。 排出規制のある施設。 製造。 鉱物、金属、石油およびガス。 有害廃棄物、処理または処分施設。 埋立て。 リサイクル施設。 蒸気発電プラント。 輸送施設。 処理工場。 建設活動。 軽工業活動。

  • 1エーカー以上の土地を妨害する建設活動の運営者(より大きい開発計画の一部である場合、これより小さい敷地を含む)。

ほとんどの州は、NPDES許可プログラムを実行する権限を有しているため、雨水に対する権限も有します。 しかしながら、いくつかの地域(アイダホ州、マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州およびニューメキシコ州、アメリカ先住民居住地、プエルトリコ、ワシントンDC、ならびに米国の領土および保護領を含む)では、EPAが許可当局となります。 連邦が規制する地域について、EPAは、2つの主要な一般許可を用意しています。マルチセクター一般許可(MSGP)および建設活動用一般許可の2つです。 MSGPは、29の異なる産業セクターの推定4100の工業施設からの雨水の放出を規制しています。 建設一般許可は、1エーカー以上の土地の開発、または1エーカー未満の土地の開発を規制していますが、最終的には1エーカー以上の土地の一般的な販売開発の計画の一部である「土地開発活動」を対象としています。

より詳細な情報が必要でしたらご連絡ください。

You are here

Languages