Languages

Contact an EHS Services expert

9 + 5 =
Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.

施設/技術安全

プロセス安全モジュールは、機械および作業機器、リフト問題、落下予防、圧力系を使った安全作業、電気性および爆発性の雰囲気に加え、PPEおよびドライバーの安全に関する問題など、技術および施設の問題に関する全ての側面を対象とします。

対象項目の内容:

機械および作業機器: 機械/作業機器/プラントに適用される安全要件の概要を示し、機械のコンプライアンスについて責任を負う個人を詳述するとともに、コンプライアンスに要求される必要な書類作成/認証/ラベルを記載します。

ロックアウト/タグアウト: その国特有のロックアウト/タグ要件の詳細を示します。

閉鎖空間: 閉鎖空間の概要(何が閉鎖空間を定義するのか、閉鎖空間の確認およびラベリングの要件に加え、閉鎖空間に入る前に行うべき手続きを含む)を示します。

溶接および切断/熱間加工: 熱間加工の概念および規制される関連リスクの概要を示します。

巻上機、荷役運搬機械: 規制される可能性がある各種巻上機の概要を示します。 機器には、人用エレベーター、貨物用エレベーター、クレーン、スリングおよびホイスト、フォークリフトおよび商品積み降ろし場に加え、積載列車およびトラックが含まれます。

落下防止/高所作業: 高所作業の際に講じる必要のある対策の概要を示します。

圧力容器/圧力系: 圧力容器/圧力系、およびそれらの使用、輸送、保管、保守、検査、試験等に適用される要件の概要を示します。

電気安全: 電気安全の概要(電気施設に適用される安全要件を含む)を示します。

個人用保護機器: 個人用保護機器(PPE)の概要を示し、使用することができるPPEの種類、誰が誰にどのような状況でPPEを提供する必要があるかに加え、その使用を強制する義務を記載します。

潜在的爆発性雰囲気: 潜在的に爆発性雰囲気であるもの、必要とされる調査および文書の種類に加え、実施が必要な予防対策の種類の概要を示します。

実験室の安全: 抽出フード、PPE、廃棄物分離、保管規制など、実験室に適用される安全要件の概要を示します。

ドライバーの安全: ドライバーの安全に関する特別な要件の概要を示します

潜水: 例えば、必要とされる訓練、必要とされる機器、記録および検査に関して、潜水作業の要件の概要を示します。

サンドブラスト: ヘルメットの使用、空気供給、耳保護、訓練など、サンドブラスト作業の要件の概要を示します。

より詳細な情報が必要でしたらご連絡ください。

Languages