2018年 世界の環境衛生労働安全法令動向

国際的に不透明な政治情勢が続く中、世界における環境・衛生・労働安全(EHS)規制は、今年どのように進展していくのでしょうか。環境面では、中国に次ぎ、インド、イランなどでも深刻な環境汚染が報告されています。また、甚大な労災事故の報道も後を絶ちません。 

エンヘサは、グローバルなEHS法規制動向を過去25年以上に渡りモニターしてきており、現在275を超える国・地域をカバーしております。本ウェビナーでは、この知見を活用し、世界各地の主要な環境・衛生・労働安全規制の動向をお伝えするとともに、それらの産業界へのインパクトについても解説します。エンヘサが培ってきた情報データベースに基づき、ウェビナーでは下記事項に言及します。 

最新のグローバルEHS規制の動向 
企業にとってコンプライアンス上課題の多い規制分野 
各地における新規法令、規制、基準、産業界のイニシャティブ等 
最近の取締り事例と企業への影響 
EHS法規制コンプライアンス達成のためのベストプラクティス