EHSコンプライアンスに完全に対応

コンプライアンスは、結局のところ、これをどう考えるかというところに行き着きます。EHS規制、製品の要件、および300以上の管轄区域に対応した詳細な現地向けガイダンスのグローバルビューを使用して、規制に関するコンプライアンスを完全に把握できます。

グローバルなニーズとローカルなニーズに対応するEHS管理を世界各地で達成

多国籍とは、複数の拠点を持つこと以上の意味があります。グローバルな管理を通じたローカルなインサイトを活用して、ビジネス全体での取り組みを統合しつつ、各サイト固有のEHS要件に対応できます。

従業員に近い、広範なコンプライアンス対応範囲

0

対象法域

0

社内の法専門家

0

対象言語

北米

米国とカナダでのEHSコンプライアンスの確保には、基本的な規制を超える環境、健康、安全に関する課題が伴います。 変化する司法制度、立法機関、政治情勢、連邦および州の機関など、EHSの主要な傾向と問題をすべて把握します。

中央 / 南アメリカ

規制の強化と執行活動の厳格化により、国ごとにEHSの見解が異なります。ラテンアメリカでは規制遵守が差し迫った問題になっています。それぞれの管轄区域ごとに変化する EHS要件に準拠し、規制の先を行き続けてください。

欧州

ヨーロッパはEHS法に関して世界で最も厳しく規制されている地域の1つであり、EUの規制だけでなく国固有のEHS要件についても深く理解する必要があります。EUの各拠点に合わせた規制インテリジェンスを使用して、このマルチレベルのコンプライアンス環境を管理します。

アフリカ

アフリカの新たな経済成長は、この地域に新たな開発の機会と新たなEHSの懸念をもたらしました。これらの国に特有の規制遵守要件と、それらの国におけるEHS関連活動の透明性を要求する法律を理解し、それに対処します。

中東

天然資源の不足、気候変動、大気汚染や水質汚染に対する懸念により、地方自治体は開発戦略においてサステナブルな成長政策を導入する必要に迫られています。この地域の変化するEHS基準および管理ポリシーに自社のビジネスを適合させる方法を理解します。

アジア太平洋地域

消費者市場だけでなく製造拠点としても拡大と成長により、アジア太平洋地域ではEHSの意識向上、規制、執行活動が活発化していますが、それがすべての地域で同じというわけではありません。文化、言語、EHSの考え方が異なるこの地域内で、継続的/安定的/関連性のある/一貫した規制遵守を確保します。